106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

公益通報の職員自殺受け和歌山市公正職務審査会の初会合

2024年07月08日 18時30分

事件・事故政治社会

職場の不正会計を公益通報した和歌山市職員の男性が2020年6月に自殺した問題を受けて、きょう(8日)弁護士や大学教授ら3人で構成する和歌山市公正職務審査会の初会合が、和歌山市役所で開かれました。

この審査会は、和歌山市が条例に基づいて設置した外部の有識者に3人よる諮問機関です。初会合は、きょう午前9時半から和歌山市役所で非公開で開かれ、和歌山市側から職員が自殺に至った経緯などが委員に示されました。

この問題は2018年に市内の施設に勤めていた20代の男性職員が、上司から不正な会計処理を指示されたことをきっかけに心身の不調を訴えて休職しました。その後、男性は和歌山市に公益通報し、不正に関わった職員15人が処分され、復職しましたが、2020年6月に自殺しました。

遺族や支援団体が、公益通報者が適切に守られていなかったと主張して、第三者委員会による検証や調査を求めています。

初会合後に記者の質問に応じる公正職務審査会の中川会長(7月8日・和歌山市役所)

公正職務審査会の中川利彦()(なかがわ・としひこ)会長は「私たち3人の委員は和歌山市と利害関係はなく、事件の前から市から選任されているので、公平性と中立性は担保されていると考えている。率直な意見交換と必要な調査を行い、期限は設けずに協議したい」と話しています。

次の審査会は来月(8月)7日に開かれる予定で、具体的な調査や関係者の聞き取りの方法などを決める方針です。

遺族からの聞き取り調査について、中川会長は個人的な考えと前置きした上で「必要な項目として聞きたいと考えている」と話しています。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55