106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

高野山  1―6 近大新宮   
新宮・新翔 ―  田辺
南部    ―  海南

がん征圧の祈りを込めて「リレー・フォー・ライフ」和歌山市で開催

2024年07月06日 16時40分

イベント福祉・医療

がん患者の支援やがんで亡くなった人への祈りを捧げる人々が、24時間にわたって歩いたり、メッセージの朗読や音楽で思いを伝えるイベント「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2024 WAKAYAMA」がきょう(6日)、和歌山市の和歌山城公園で始まりました。

特設トラックを歩く参加者ら(7月6日・和歌山城砂の丸広場)

リレー・フォー・ライフは、1985年にアメリカの1人の医師がアメリカ対がん協会への寄付を募るために、陸上トラックを24時間走り続けたことから始まり、その後、日本にも伝わって、和歌山県では2014年から実施されています。

特設トラックを走る参加者

きょう(6日)は、趣旨に賛同する人々およそ300人が和歌山城・砂の丸広場に集まり、正午からトラックを思い思いに歩いたり走ったりしながら、がんの制圧や、がん治療に挑む人々へエールを贈り、がんで亡くなった人への鎮魂の祈りを捧げました。

がん征圧の祈りを灯すルミナリエキャンドル

このあと夜7時からは、がんで亡くなった人や、がん患者へのメッセージを書いた白い紙袋にキャンドルを入れて灯す「ルミナリエ」イベントや、がんで亡くなった人のために用意した無人のイスとテーブルの前でポエムの朗読や音楽の演奏を繰り広げる「エンプティーテーブル」の催しが行われます。

がんで亡くなった人に用意された「エンプティテーブル」と七夕飾り

イベントを思い思いに歩いたり走ったりするのは、あす(7日)正午まで続けられ、途中からの飛び入り参加も可能ということです。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55