106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

大たいまつ作りが大詰め 熊野那智大社「扇祭り」

2024年06月15日 16時38分

歴史・文化

那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で、毎年7月に営まれる「那智の扇祭り」を前に、神事で使う大たいまつ作りが大詰めを迎えています。

作業場では、白装束に烏帽子(えぼし)姿の宮大工嶌崎和真(しまさき・かずまさ)さんが重さおよそ50キロにもなる大たいまつの仕上げに汗を流しました。

祭りは神々が年に1度、12体の扇みこしに乗り、元々まつられていた那智の滝に戻るとされる神事で、氏子に担がれた12本の大たいまつが滝の前で扇みこしを迎え、勇壮な炎の乱舞を繰り広げる様子から、「火祭り」とも呼ばれています。

大たいまつは、柄の部分も含めて長さおよそ1・4メートルで、ヒノキの板を円筒状に束ねて作られます。

嶌崎さんは「きれいに仕上げようと毎年努力している。迫力があるので、多くの人に見てもらいたい」と話していました。

なお、作業は来月(7月)9日まで続くということです。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55