106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

高野山  1―6 近大新宮   
新宮・新翔 ―  田辺
南部    ―  海南

エサ代の高騰で畜産水産関係団体が和歌山県知事に対策を要望

2024年06月04日 19時37分

政治社会経済

えさ代が高騰して経営がひっ迫しているとして、きょう(4日)和歌山県内の畜産や水産関係の団体の代表が和歌山県庁を訪問し、岸本周平知事に対策を求める要望書を提出しました。

岸本知事への要望のようす(6月4日・和歌山県庁・知事室)

要望書を提出したのは、畜産関係の団体で構成する県・畜産関係団体連絡協議会と和歌山東漁業協同組合など11の団体です。

要望書では、畜産や養鶏、養殖のえさ代が高騰していて経営を圧迫しているため、県などに対策を求めています。

これに対し岸本知事は、国の物価高騰対策の費用がなくなり、これまで同様の支援が難しくなっている実情を紹介し理解を求める一方で、予算をやりくりして、6月補正予算案に高騰対策の予算を計上したことを明らかにしました。

また、岸本知事は県内の農林水産業の重要性を強調し、物価高騰に動じない価格で取引できる事業構築を共に考えていく姿勢を示しました。

県は、6月定例県議会に畜産・水産あわせて3億4千万円を、えさ代高騰に関する補助金として提案しています。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55