106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

障害者支援施設で女性職員が利用者を虐待

2024年05月09日 16時46分

事件・事故福祉・医療

障害者支援施設で入所者の口を養生テープでふさぐなどの虐待していた女性職員らを処分したときょう(9日)、施設を運営する社会福祉法人和歌山県福祉事業団が発表しました。

虐待があったのは、この事業団が運営する上富田町の障害者支援施設「南紀あけぼの園」です。和歌山県福祉事業団によりますと、今年1月1日の午後8時半ごろ、30歳代の女性職員が部屋で大声を出していた入所者の目と口を養生テープで塞ぎ、その姿をスマートフォンで撮影して画像をSNSで同僚職員に送ったということです。

虐待について説明と謝罪を行う和歌山県福祉事業団の日置美次理事長

2月末になって画像を受け取った職員から園長に報告があり、虐待が明らかになったものです。全職員の聞き取り調査から、虐待を行った女性職員は、この入所者以外にも11人の入所者らに顔や頭をたたくなどの虐待を行っていて、このうち8人の被害が認定されています。

県福祉事業団では、虐待を受けていた入所者らの家族に説明と謝罪を行ったほか、あす(10日)付けで虐待をした女性職員を懲戒解雇、園長と副園長、それに虐待を目撃した職員と画像を受け取った職員を1か月の減給処分にするとともに、法人虐待防止委員会に4人の外部委員を新たに委嘱し、再発防止計画を策定するということです。

「南紀あけぼの園」は、知的障害を持つ人40人が入所し、通所を含めて合わせて50人が利用していて、職員34人が生活支援などを行っています。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55