106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

わかやま市民生協「企業の森」CO2削減で和歌山県から認証

2024年03月29日 20時25分

社会

和歌山県内の森林で植樹や保全活動を手伝う、和歌山県の「企業の森」事業に参加している企業や団体のうち、CO2・二酸化炭素の削減に貢献しているところへ、このほど(3月28日)県から認証書が贈られました。認証書が贈られたのは、和歌山市民生活協同組合です。

和歌山県から認証書とプレートを受けたわかやま市民生協のみなさん(3月28日・和歌山市太田)

県・環境生活総務課によりますと、わかやま市民生協は、2008年から「企業の森」事業に参加し、古座川町(こざがわちょう)()の0・34ヘクタールと、新宮市の0・56ヘクタールなど県内3カ所の森林を「コープきょうどうの森」と名付けて、組合員らが地元の森林組合の協力で植樹や保全活動を続けています。

わかやま市民生協では、この取り組みがCO2削減に貢献していることを証明するため、県に森のCO2の吸収量の調査を依頼した結果、古座川町では100年間でおよそ100トン、新宮市では100年間でおよそ200トンのCO2の吸収が見込まれることがわかり、認証書が贈られたものです。

3月28日、和歌山市太田()(おおだ)のわかやま市民生協の本部で、県・環境生活総務課の寺村有史()(てらむら・ありふみ)課長からわかやま市民生協の津田美法()(つだ・みのり)副理事長らに、認証書と紀州材でできた記念プレートが手渡されました。

津田副理事長は「これからも一生懸命に取り組みます」と話しています。

今回、県から認証書が送られたのは、これで52団体め、対象となる森林は56カ所めとなりました。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55