106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

和歌山県生協連と和歌山県災害ボラセンが協定

2024年03月26日 16時55分

災害・防災社会

和歌山県生活協同組合連合会は、災害時のボランティア派遣や資機材の提供などで、和歌山県災害ボランティアセンターを運営する県・社会福祉協議会と協力することになり、きょう(26日)協定を締結しました。

協定調印後の記念撮影(3月26日・和歌山市・和歌山ビッグ愛)

県・生協連では、平時に、県災害ボランティアセンターが開く防災・減災のための講習会や研修会に参加したり、災害時でのボランティアの派遣などで協力体制を進めていますが、近年、能登半島地震や豪雨災害など、大規模な自然災害が頻発するようになり、より両者の協力体制の強化が必要として、今回の協定締結に至りました。

県生協連では、災害時にボランティアセンターと連携して、必要な資機材やボランティア派遣を行うと共に、ボランティアセンターの運営支援なども行います。

きょう午後、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で、県・生協連の久保田泰造()(くぼた・たいぞう)副会長と県・災害ボランティアセンターの南木芳亮(なんき・よしあき)()センター長が、協定書を交換しました。

久保田副会長は「これまで以上に連携を進め、県民の生命と財産を守る取り組みを強化したい」とあいさつました。

南木センター長は「災害時の人的・物的協力をさらに強く得られるようになった。今後も防災意識を高く持ち、備えや訓練を引き続き強化したい」と意気込みを語りました。

県・災害ボランティアセンターでは、これまでに、連合和歌山や和歌山市内のライオンズクラブ、 和歌山大学とも同じような協定を結んでいます。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55