106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

海南     1―4 田辺   
智辯和歌山 12―0 日高

日赤和歌山医療センターの救護班が石川県輪島市に派遣

2024年01月09日 16時45分

災害・防災福祉・医療

日赤和歌山医療センターは、きょう(9日)能登半島地震で甚大な被害を受けた石川県輪島市に、医師や看護師ら7人による救護班を派遣しました。

看護師らに送り出される救護班の一行(1月9日・日赤和歌山医療センター)

輪島市に派遣されたのは、日赤和歌山医療センターの救急科・集中治療部副部長の益田充(ますだ・みつる)()医師48歳をチームリーダーとする、医師や看護師、薬剤師、事務調整員あわせて7人による救護班第1班です。

救護班員を激励する山下院長(右端)

益田医師ら一行は、きょう午後1時前、山下幸孝(ゆきたか)()院長らに見送られて、救急車とワゴン車に分乗して日赤和歌山医療センターを出発しました。

山下院長は「現地では余震も続き危険な状態で、医療の面でも感染症拡大が懸念されるので、安全に気をつけて頑張って欲しい」と激励しました。

あいさつする益田充医師

益田医師は「地震発生から8日経ったが、地形が複雑で、被害の全容もまだわからない部分が多い。感染症の流行や衛生環境の改善のほか、被災者の心のケアにも取り組めたら」と意気込みを語りました。

日赤和歌山医療センターの救護第1班は、こんや中に輪島市に入り、あす(10日)から12日まで医療救護活動に取り組み、13日に和歌山へ戻る予定です。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55