106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

田辺工業 6ー4  神島  
南部龍神 0ー10 和歌山東
県和歌山 3ー2  橋本

紀の国わかやま総文・開会1か月前リハーサル

2021年06月13日 17時52分

イベント教育歴史・文化

全国の高校生が和歌山に集う文化の祭典・全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」の開会1か月前リハーサルが、きょう(13日)和歌山市手平(てびら)の和歌山ビッグホエールで行われました。

きょうのリハーサルのもよう(6月13日・和歌山市・和歌山ビッグホエール)

全国高等学校総合文化祭は文化庁や都道府県などが主催し、47都道府県の持ち回りで毎年開催される「文化部のインターハイ」とも呼ばれる祭典で、45回目のことし(2021年)は、和歌山県で来月(7月)31日から8月6日まで「紀の国わかやま総文2021」と題して開かれます。期間中は、和歌山市や田辺市、橋本市など県内6市4町に、全国の文化部の高校生が集まり、演劇や演奏、芸術などを発表し、相互交流を深めます。

きょうは、出入り口での検温や消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、新型コロナウイルス感染症対策がとられるなか、開会日の来月31日に行われる総合開会式でのアトラクション「開催地発表」のリハーサルが行われました。

和太鼓演奏のリハーサル

この中で、およそ120人の高校生が、和歌山ビッグホエールのメインアリーナで、マーチングバンドや和太鼓の演奏、創作ダンスなどを本番の流れに沿って繰り広げ、動きをチェックしました。

開催地発表のテーマは「届けよう和の心、若葉が奏でるハーモニー」で、和歌山で育まれた生命が成長し未来へ羽ばたく様子を音楽やダンスなどで力強く表現します。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55