106回全国高校野球選手権和歌山大会

106回全国高校野球選手権和歌山大会 
試合結果

田辺工業 6ー4  神島  
南部龍神 0ー10 和歌山東
県和歌山 3ー2  橋本

和歌山県・コロナ対策中心に117億円増額補正予算案

2021年06月01日 16時33分

政治福祉・医療経済

和歌山県は、新型コロナウイルス対策を中心に、一般会計で総額117億円あまりを増額する補正予算案をきょう(6月1日)発表しました。新型コロナウイルス対策には国の交付金を活用し、およそ115億円を計上しています。

このうち、医療体制の強化では、現在最大470床の病床数を530床に追加する費用に51億円あまり、軽症または無症状の新規患者を受け入れるためのホテル療養施設の追加の確保に6億円あまり、入院を受け入れる医療機関に対する超音波画像診断装置などの整備支援費用に3億円近くを計上しています。

経済支援では、飲食業・宿泊業・サービス業・卸小売業などでことし4月から6月までの月の売上げが去年(2020年)あるいは、おととし(2019年)と比べて30%以上減少した事業者に従業員数に応じて15万円から最大60万円の支援金を支給する事業費に31億円あまり、県の感染拡大防止に向けた飲食店認証制度の基準を満たすための整備費用の補助に4億円あまり、更なる感染対策や、バリアフリー化、ワーケーション対応などに取り組む県内の宿泊事業者に対する助成に14億円あまりを計上しています。

生活支援では、いずれも国の事業で、新型コロナの影響で生活に困窮する世帯へ最大30万円を支給する事業費9768万円や、低所得のひとり親世帯に子ども1人あたり一律5万円を支給する事業費1億5千万円が計上されています。

コロナ関連以外では、有田・湯浅と、新宮・串本の警察署の統合・再編に2億2485万円を計上しています。

このほか、県内12か所の公共施設での来年度(2022年度)から3年間の指定管理者を公募するための予算上限額、あわせて22億円あまりを設定する債務負担行為も提案されます。

これらの案件は、今月8日に開会する6月定例県議会に提出されます。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55