和歌山市 キャッシュレス決済で公金納付可能に

2021年02月19日 18時28分

政治経済話のネタ

和歌山市では4月から、スマートフォン決済アプリで住民税などの納付ができるようになります。

利用できるようになる決済アプリは、PayB(ペイビー)、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、支払秘書の4種類です。

4月からこれらのアプリでの納付ができるようになるのは、市・県民税の普通徴収分や、固定資産税、都市計画税、軽自動車税のほか、国民健康保険料の普通徴収分や若竹学級利用料、上下水道料金などです。

さらに6月からは介護保険料の普通徴収分、7月からは後期高齢者医療保険料も対象となります。サービスの利用にはアプリのインストールが必要で、納付書に印刷されているバーコードをアプリで読み込むことで納付することができます。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55