自治会活動で功労、和歌山市中村勝次さんが総務大臣表彰を授与

2020年12月04日 18時58分

政治話のネタ

自治会、町内会などの代表者として長年にわたり取り組み、功績のあった人を表彰する、今年度の「総務大臣表彰」に、和歌山市からは吹上地区第4区自治会長の中村勝次(なかむら・かつじ)さん(82歳)が受賞しました。中村さんは、きょう(4日)、和歌山市役所で、尾花和歌山市長から表彰状の伝達を受けました。
受賞した中村さんは、平成2年に和歌山市吹上地区第4区自治会長に就任して以来、現在に至るまで、30年にわたり、

子供の登下校の見守りや防犯活動、青少年の育成活動など地域活動に積極的に取り組んできました。
また、平成16年からは、吹上地区連合自治会会長を  平成28年からは和歌山市自治会連絡協議会理事を務め、地域の発展に貢献した功績が評価されました。
尾花市長は、「吹上地区を通った際、子供達の見守り活動を会長自ら行っている姿を見かけていて、感謝申し上げてきた。
大臣表彰を受賞されたことは、和歌山市としてもうれしいことで、誇りに思っている。
これからも自治会活動にご尽力いただきたい。」とお祝いの言葉を述べました。
受賞を受けて、中村さんは「皆さんが協力してくれたおかげで活動を続けられてきた。

今後も今までどおり活動を続けていきたい」と話していました。

表彰状を手に尾花市長と記念撮影する中村さん(左)

WBSインフォメーション

WBSショッピング55