松源×とくし丸移動スーパー、貝塚の店舗でもスタート

2020年12月01日 19時09分

話のネタ

和歌山市に本店を置き、県内や大阪、奈良などでスーパーマーケットや、軽トラックによる移動スーパー事業を展開する株式会社松源(まつげん)は、きょう(1日)から、貝塚市の店舗でも移動スーパー事業をスタートしました。

新たに移動スーパー事業をスタートしたのは、大阪府貝塚市にある松源・貝塚鳥羽店です。

松源では、徳島県を拠点に全国で移動スーパーを展開する株式会社とくし丸と提携して、去年(2019年)から和歌山市の和歌山インター店と西浜店(にしはまてん)などですでに移動スーパー事業に取り組んでいて、今回の貝塚鳥羽店の移動スーパーは貝塚市や岸和田市をエリアとして地域を巡回し販売します。

冷蔵設備のある軽トラックに生鮮食品や日用品などを詰め込み、店の周辺地域の顧客を対象に定期的に巡回して移動販売に出向くサービスで、遠くまで買い物に行けない高齢者や子育てなどで買い物に出にくい人などにサービスを提供するほか、地域のお年寄りの見守りにも貢献します。

車にパンや菓子、調味料などのほか魚や肉、総菜を満載しているほか季節の商品もたくさん積んで販売します。

松源の移動スーパーは大阪府内では3店舗目で、新型コロナウイルス感染拡大による外出の自粛や、育児や仕事で買い物に行けない人にも好評で、この事業を通して地域に貢献したいとしています。

松源がとくし丸と行うこの移動スーパー事業は和歌山県内と大阪の3か所を含め今回で13か所目になります。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55