高野山で氷点下、今季初全地点10度切る

2020年11月29日 16時02分

話のネタ

きょう(29日)の和歌山県は、高野山で氷点下となるなど、各地で、この冬一番の冷たい朝となりました。

アメダスの観測で、高野山で氷点下0・9度と、今月(11月)5日以来、今季2度めの氷点下となったほか、田辺市栗栖川と有田川町清水で1・9度など内陸部を中心に冷え込みました。また、和歌山市で6・3度、潮岬で8・3度、新宮8・9度と、各地で平年を1度から2度ほど低く、この冬初めて、県内のアメダス観測点すべてで10度を切る師走の冷たい朝となりました。

日中は、日差しもあり、気温は15度前後と平年並みのところもありましたが、北寄りの風吹き、肌寒い一日となりました。

あす(30日)も、天気は良く、気温は、日中は、この日と同じくらい、朝は2度ほど高くなりそうです。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55