和歌山県職員採用説明会

2021年03月01日 19時18分

政治経済

来年(2022年)春に卒業予定の学生を対象にした就職説明会が、きょう(3月1日)から全国一斉にスタートし、和歌山市でもきょう、県民文化会館小ホールで新卒学生向けに県職員の採用説明会が開かれました。

きょうの採用説明会のもよう(3月1日・和歌山県民文化会館小ホール)

県の採用説明会は、午後1時半から始まり、ことしは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場には先着順に申し込みをした学生50人程度が小ホールに間隔を空けて着席したほか、インターネットのYouTubeによる同時配信も行われました。

参加者に県の仕事を説明する仁坂知事

はじめに、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事が県全体の仕事や、県職員に求められる資質などを説明し「就職活動は、相手探しで、自分探しでもある、いわば婚活のようなもの。リクルーターの職員に何でも気になることを聞いて吟味し、相思相愛になって採用されたら、来年の4月1日に是非お会いしましょう」とメッセージをおくりました。

このあと、部署ごとに職員たちが職場のもようを説明したほか、県・人事委員会の職員が採用日程などを紹介しました。

なお、きょうの説明会の模様は、後日、県・人事委員会が録画したものをウェブで公開する予定です。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55