南海電鉄「コタツ就活EXPO」新卒就活生の参加募集

2021年02月13日 19時00分

経済

南海電鉄沿線の企業と新卒予定の学生がコタツに入って面談する就活イベントが、来月(3月)12日、大阪市の「なんばスカイオ」で開かれることになり、南海電鉄が参加者を募集しています。

このイベントは、もともと大阪市のNPO法人「HELLOlife(ハローライフ)」が、昨年度(2019年度)に始めた就活イベントで、2回目となる今年度(2020年度)は、沿線の活性化に力を入れている南海電鉄が主催者となり、HELLOlifeの協力で開くものです。

「コタツ就活EXPO」の名称の通り、採用を予定する企業の担当者と就職を希望する新卒の学生がコタツに入って、仕事の内容や、働き方、生き方など、ざっくばらんに語り合いながらお互いの理解を深めるユニークな就活イベントとなっています。

今回、和歌山市のオーダーカーテンメーカー・株式会社インテリックスや、若い世代に人気の高い日本酒「紀土(キッド)」を醸造する海南市の平和酒造、和歌山市加太(かだ)の老舗旅館「大阪屋ひいなの湯」を運営する株式会社ホテル大阪屋など、南海沿線に拠点を置く県内や大阪を中心とした企業19社が参加を予定しています。

「コタツ就活EXPO2022 BY NANKAI」は、来月(3月)12日金曜日に、大阪・なんば駅直結の「なんばスカイオ」7階コンベンションホールで開かれ、第1部が午後1時から3時まで、第2部が午後4時から6時までとなっています。

参加できるのは、来年(2022年)3月か、再来年(2023年)3月に卒業予定の学生で、定員は第1部、第2部それぞれ100人ずつです。参加は無料ですが、専用のウェブサイトから事前の申し込みが必要で、先着順です。3月11日木曜日の午後6時に締め切られます。

南海電鉄では「当日は新型コロナの感染症対策を万全にして行います。南海沿線の定住者を増やすきっかけにしたい」と話しています。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55