再就職のための合同企業説明会

2021年02月01日 19時01分

政治経済

結婚や出産などで離職した女性や、定年退職した人など、和歌山県内で転職や再就職を希望する人のための合同企業説明会が、きょう(2月1日)和歌山市手平(てびら)の和歌山ビッグ愛で開かれました。

説明会の会場入り口(2月1日・和歌山市・和歌山ビッグ愛)

これは、和歌山県再就職支援センター「はたらコーデわかやま」が開いたもので、きょうは、再就職希望者の雇用を検討し県内に拠点を置くおよそ90社がブースを開いて個別面談を行いました。新型コロナウイルス感染防止のため、ウェブ会議システムでの企業説明も併せて行われ、仕事を求める人たちが、採用担当者から業務内容や福利厚生などについて質問していました。

和歌山市のタクシー会社の採用担当者は「育児中の女性も仕事をしやすいよう、育児支援制度を充実させています。働いた分だけ稼げるやり甲斐をアピールしています」と話しています。

再就職を希望する和歌山市の50代の女性は「製造業を希望していますが、女性は福祉関連に需要が多いようで、相性の合うところを探すのに苦労しています」と話していました。

企業の面談ブース

はたらコーデわかやまによりますと、これまでに合同企業説明会で就職が内定した人は、昨年度(2019年度)が32人、一昨年度(2018年度)が35人などとなっています。県・労働政策課の岡靖二(おか・やすじ)就業支援班長は「魅力的な県内企業への就業人数をもっと増やせるよう、さらにPRしたい」と話しています。

合同企業説明会は、今月(2月)12日には田辺市の紀南文化会館、19日には橋本市高野口町(こうやぐちちょう)の橋本市産業文化会館「アザレア」、22日には新宮市庁舎別館でも行われます。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55