和歌山市文化表彰・文化賞にHydeさん

2021年01月21日 19時20分

政治歴史・文化

和歌山市の文化の向上や発展に功績のあった個人や団体を表彰する、今年度(2020年度)の和歌山市文化表彰の受賞者4人と1団体が、きょう(21日)発表され、このうち文化賞には、和歌山市出身でロックバンド「L’Arc-en-Ciel(ラルク・アン・シエル)」ヴォーカルのHyde(ハイド)さん51歳が選ばれました。

HYDEさんの文化賞受賞を発表する尾花市長(1月21日・和歌山市役所)

和歌山市文化表彰は1982年度からはじまり、今年度で39回目を迎え、選考委員会での選考の結果、文化賞にHydeさんが選ばれました。

Hydeさんはロックバンド「ラルクアンシエル」のヴォーカルとして全世界で4千万枚以上のCDセールスを誇り、コンサート動員も累計400万人を超える人気です。さらに、おととし(2019年)1月には「和歌山市ふるさと観光大使」第1号に就任し、南海電鉄とコラボレーションした特急「Hydeサザン」をプロデュースするなど、音楽活動と和歌山市のPRの両面での功績が高く評価されました。

また、文化功労賞には、紀州桐箪笥(きしゅうきりたんす)職人の志賀啓二(しが・けいじ)さん71歳と、姉妹友好都市でカナダのリッチモンド市との国際交流に貢献した、ユズル・ジム・コジマさん82歳の2人が、文化奨励賞には、肢体障害で車いす生活を送っている児童文学作家で差別や偏見をなくす活動に尽力している髙田友紀子(たかだ・ゆきこ)さん25歳と、山東(さんどう)地区の地域活性化に取り組み、マスコットキャラクター「たけのこまん」を定着させた「山東まちづくり会」がそれぞれ選ばれました。

和歌山市文化表彰の表彰式は、今月(1月)26日に、和歌の浦アート・キューブで関係者のみで開かれます。なお、当日Hydeさんは出席しませんが、ビデオメッセージが紹介される予定です。 

WBSインフォメーション

WBSショッピング55