【新型コロナ】県教委・新人戦や練習試合などの延期求める

2021年01月12日 20時32分

スポーツ政治教育福祉・医療

和歌山県教育委員会は、新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していることから、きょう(12日)県・高体連を通じて、今の時期に開く部活動の新人戦の延期や中止を要請するほか、県立学校長に対しては、運動部と文化部の練習試合や合同練習を禁止するよう求める通知を出しました。

訓示する県教委の宮﨑教育長(1月12日・和歌山県自治会館)

宮﨑教育長は、きょう(12日)和歌山市茶屋ノ丁(ちゃやのちょう)の県・自治会館で開かれた県立学校長会の冒頭で訓示し、県・福祉保健部との協議を経て、部活動での感染拡大を防ぐために、今月(1月)から開かれている新人戦の延期や中止を県・高体連の事務局を通じて各競技の専門部に要請したことを報告しました。県・教育委員会によりますと、今月は8つの競技で新人戦が予定されていますが、すでに行われたバスケットボールと剣道、それに、新人戦が近畿大会や全国大会に繋がっているラグビーを除く5つの競技に要請する方針です。

また、きょう付けで、県立学校長に対し、当面の間、運動部・文化部ともに、県外の学校との練習試合や合同練習を禁止に、県内の学校との練習試合や合同練習は原則禁止とするなど、感染予防に努めるよう求める通知を出しました。県教育委員会では、感染状況を見ながら、今後の対応について変更が生じた場合に改めて通知する方針です。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55