小学校で3学期の始業式

2021年01月06日 19時35分

教育

和歌山県内の多くの小学校で、きょう(6日)3学期の始業式が開かれ、冬休みを終えた児童らが元気に登校しました。

始業式に参加する児童ら(1月6日・和歌山市立大新小学校)

このうち、和歌山市立大新(だいしん)小学校の始業式は、きょう午前9時から体育館で開かれ、マスクをつけた全校児童およそ140人が間隔を空けて整列し、校歌斉唱の代わりに校歌を録音したテープを聴きました。

あいさつする村上校長

続いて、村上和彌(むらかみ・かずや)校長があいさつし「3学期は次の学年に上がるための準備の時です。新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザの感染にも気をつけましょう」と呼びかけました。

児童からは「ことし(2021年)のお正月は新型コロナの影響でうちでじっとしていました」「おばあちゃんの家に行けなくて淋しかった」といった声が聞かれた一方、「テレビゲームに熱中して、レベルが上がった」とか「お正月はサッカークラブの友達と遊んだ。ことしはレギュラーを穫りたい」「塾通いをしていました。将来は薬剤師になりたくて勉強しています」などと、感染予防を行いながら遊びや勉強、スポーツに励んだ児童もいました。

WBSインフォメーション

WBSショッピング55